戯言

選ばれし知的飲料ドクターペッパーは一度ハマると抜け出せない

タイトルで分かる人には分かりますねwww
シュタゲから入った口です。

昔飲んだときには非常に不味く感じたはずなのに
今は一番好んで飲む炭酸飲料になってしまった。

コーラとか三ツ矢サイダーはほとんど飲まないのに

ドクターペッパーとは

世間一般では不味くて飲めたものではないという飲料であるが、
一度好きになるとクセになり、大好きになってしまう飲料である。

有名なのは1日3本飲む100歳超えのおばあちゃんの話だろうか

出典i0.wp.com

おばあちゃんいわく
「医者はみんな(炭酸飲料が)健康に悪いと言いました。しかし、忠告した彼らの方が先に亡くなって、私は生きています。どこかで間違いがあったのでしょうね」
と語ったそうな。
出典 HUFFPOST

同様なものとしては
ルートビアが挙げられるだろう。

ルートビアは飲むサロンパスとも言われる
独特の湿布くささが特徴で、熱帯に生育しているサルサパリラというつる植物の根や根茎が原料
になっているそうな。
沖縄に行った際に飲んだことが有るが、
まさにサロンパス

ドクターペッパー同様アメリカではメジャーな飲料で有るルートビア
ルートビアにバニラアイスを乗せたものをBLACK COWと呼ぶらしく
Steely danのAja(←超名盤)の本人解説の中でも”BLACK COW”について触れられている


余談だがこのAJAメイキングは全ミュージシャンが見るべし

ドクターペッパーもルートビアも大いに好き嫌いが分かれるが、
好きな人にとっては大好物という点は共通であろう。
また、共にアメリカ発祥の為、沖縄で流通しているのも共通である。

ドクターペッパーの歴史

ドクターペッパーは、1885年にアリゾナ州ケーヴ・クリークで初めて販売されたとされており、1904年にアメリカで行われたセントルイス万国博覧会によってアメリカ国内に広まった。
実際に初めて販売された日は不明ではあるが、
アメリカ特許商標庁は、1885年12月1日をドクターペッパーが初めて売り出された日と認定している。
Wikipediaより

140年程前からあるようで
コカ・コーラは1886年に発売されたので、コーラよりも前から販売されてる炭酸飲料ということらしい。

日本では1973年から販売されているが、全国で一般的に飲まれている飲み物ではないとされている。
まず、その理由として、独特の風味が受け入れられず、好き嫌いが分かれる飲み物とも評されていることが挙げられるが、首都圏、静岡県および沖縄県以外ではほとんど流通していないことも挙げられる。Wikipediaより

首都圏で流通しているとは言っても、一部地域だけのような気もするが。

一部地域って?
秋葉原でしょ。

秋葉原のコカ・コーラ自販機には大概入れられているし、
ほぼドクペとマックスコーヒーのみという振り切っている自販機も存在する。

2011年頃から
4月に放送開始したシュタインズゲート
7月に放送開始した神様のメモ帳
で主人公が愛飲したことで人気に拍車をかけたようだ。
参考:リアルライブ 【雅道のサブカル見聞録】アニメの影響でドクターペッパーが人気!?

同様にMAXコーヒーは
元々千葉のローカルドリンクだったものが
木更津キャッツアイから始まり
やはり俺の青春ラブコメは間違っているなどで
こちらも主人公が愛飲したことで人気である。

が、MAXコーヒーも練乳たっぷりの甘々コーヒーなので
好みが極端に分かれると思うが。

名古屋では上記の通り、ほとんど売ってるところがない
ネットで買うか、コストコでまとめ買いするか
輸入食材店などで輸入物を買う
というのが主な入手経路だろうか
まとめ買いするとつい毎日飲んじゃうので自重している

先日大須に行ったときに
自販機にドクターペッパーが入れられているのを発見
売れてますPOP付きで

ほんとに売れてるのかは定かでは無いが、
秋葉原同様、大須は名古屋のサブカルの聖地なので
他地域に比べれば売れるだろうが。

不味いと言われる味はどんな味

レシピは公表されておらず、
缶には20種類以上のフルーツフレーバー
としか書かれていない。
元々ソーダファウンテン(ドリンクバーみたいなやつ)
の数種類のドリンクを混ぜたのが始まりとのこと。

飲んだことない人に伝えるなら
杏仁豆腐をドリンク化して強めの炭酸を入れたもの
とでも良いだろうか。

人は選ぶがハマれば抜け出せない沼に足を踏み入れてみるのも悪くない…かもしれませんよ。

1度目が駄目でも

2度、3度と飲めばもうアナタはドクペの虜かも