タバコ

いまこそ禁煙チャレンジ 準備編

昨今、町中でタバコを吸えるところがどんどん減ってきている。
東京都では受動喫煙防止条例が可決され
来年2020年からは更に肩身の狭い思いをすることだろうなと。

いろいろ考えてみたが禁煙するのが世の中的にも自然な流れなんじゃないかと

そもそも煙草税ってどれくらいかかってるか知ってます?

2000年代以降徐々に禁煙ブームの流れが広がり
現在では成人喫煙率は2割を切っている

年々増税でタバコの価格も上がり
単一銘柄で一番売れているセブンスターを例に上げると


2003年 280円
2006年 300円(1円/本 値上げ)
2010年 400円(5円/本 値上げ)
2014年 460円(3円/本 値上げ)
2018年 500円(2円/本 値上げ)
2019年 510円(0.5円/本 値上げ)

15年で約1.8倍の値上げになっている。

煙草の価格の大部分は税金であり
セブンスターの場合約6割の311円が税金である。

ここで自分の銘柄も検索出来ます
https://keisan.casio.jp/exec/system/1189495454

一日一箱で
月間約9600円
年間 約113,000円

これは収めてる税金の額である。
改めて計算するとなかなかの金額。

煙草が嫌いになったわけじゃない。
むしろ好きだ

僕はメビウスのプレミアムメンソール5をメインで吸っているが
年に何度か吸う葉巻の濃厚さも大好きだ。
手間がかかるので辞めてしまったが
手巻き煙草を巻いて吸ったりしていたこともあった。

そもそもの煙草の歴史

日本でさえも450年以上の喫煙の歴史があり
お歳暮や贈答品に煙草のカートンを送られていた時代もあったそうな
そもそも国営でしたしね。

先日行ってきた
たばこと塩の博物館に行くと詳しく歴史が分かる
JTのバイアスが多分にかかってるが
パッケージの移り変わりなども見ていると楽しい。

観光用の煙草とか万博記念の煙草とか

 

 

 

 

 

昔のマイルドセブンとか

ちなみに天気のピーカンの語源は諸説有るが
缶ピースの青色から来ているという説も

それだけ生活に密着していたということか

菊の紋章が入った「恩賜のたばこ」なるものも存在していた。
叙勲者や園遊会の出席者、皇室の来賓、宮内庁奉仕団、皇室関連ボランティア活動、警視庁警備部警衛課(セキュリティポリス)や各道府県警察本部警備課などへのおみやげや謝礼品として使用された。

wikiから引用

煙草は悪のはじまり

現在のタバコ問題はですね、ノルウェーの女性首相グロ・ハーレム・ブルントラントという人がWHOのトップに就任したとき、たまたま彼女が旦那といろいろあって精神的に追い詰められていて、「タバコは人殺しです!」といったスピーチをしてしまったのがはじまりです。
それで、補助金を出さないという話になり、医者たちはそれでは困るってんで「はいはい、タバコは悪です」と追従して全世界に広まった。後でグロちゃんが「ごめんなさい。あのときはわたしはちょっとおかしかったんです」と弁明したのに、もうダメ。後の祭りだったんですね。

現代ビジネスより引用

医師たちが触れたがらないタバコ害の〝不都合な常識〟
たばこを止めた人、元喫煙者と分類されますが、元喫煙者の死亡率やがんの発症率は喫煙者と有意差がなく、たばこを止めても非喫煙者と同じにはなりません。現実に、死亡率を比較したデータは元喫煙者を喫煙者に分類して集計していて、つまり、1991年の時点で、たばこを止めても吸い続けても同じであることは研究者の間では常識だったわけです
中略
たばこ排斥の機運が高まったのは1950年代の米国と言われていますが、その頃から世界中で熱心に研究が始められたようです。しかし、60年以上たった現在でも、疫学調査の結果だけが頼りの「疑わしい」というレベルで、はっきりした証拠は何一つ出てきません。これは裏を返せば、喫煙の安全性を証明したとも言えます。たばこを吸うか吸わないかは、遺伝的資質や生活環境の違いを示すバロメーターでしかないということです。ついでに言えば、喫煙が自分の体質に合っていて生活環境が良ければ、たばこを吸っても大丈夫です。

ironna より引用

どちらを信じるかは自分の都合の良い方でも
良いと思いますが

喫煙肯定派の意見も虚しく、世の中は禁煙に進んでいる。

ではなぜ僕は煙草を止めたいのか

一昔前ではまだまだ煙草部屋での
タバコミュニケーションのメリットを享受出来ただろうが
最近では全面禁煙の会社や
禁煙手当を出す会社も出始める時代

飲食店でも全席禁煙が当たり前になりつつあり
旅行に行くときにホテルの予約は禁煙ルームは探せても
喫煙可能の部屋は探せない
レンタカーも近年はほとんど禁煙だろう
名古屋駅周辺では喫煙所も限られる。
旅行先でも探さないと喫煙所がない。

完全にニコチン中毒なので吸いたくて仕方なくなるのだが
なにかと煙草を吸える場所を確保するのが面倒くさくなってきた
喫煙所に移動するだけでも時間かかるしね。

吸いたいけど、面倒くさい
というジレンマ

今後喫煙が歓迎になるような世界にはならないだろうし
いっそ止めてしまって
慣れてしまったほうが楽になれるのではというのが
辞める動機

とにかく煙草を吸いたいが為に
時間と労力を使うのが馬鹿らしく感じてきていた
しかしやはりニコチンの魔力には勝てず
これまでもズルズルと煙草をくゆらせていたのである。

月間のタバコ代は一日一箱として15,000円くらい

灰にして捨てるか
10冊くらい本を買って読むか
つみたてNISAにでもぶち込んでいって資産運用するか

どう考えても灰にするよりは良い方法
頭では分かって入るが
しかしやはりニコチンの魔力には(ry

「嗜好品だし」
「周りも吸ってるし」
とか色々言い訳も出てくるが、
せっかくやる気になってきたので、実行に移してみたいと思う。

出来なけりゃまた考えよう。

今回の禁煙方法

禁煙外来も検討したが、
シンプルにニコレットで我慢してやめる。
人によっては何も使わず止めれた人も知っているが、
自分には無理だと思うので、おとなしく
禁煙補助剤を使っていく。

過去に禁煙チャレンジして最長1ヶ月くらいだったかな。
ライブの打ち上げで酒を飲んでて周りに一本もらったところで禁煙終了だった。

最近では酒もあまり飲まなくなってきたので
今ならイケるんじゃね?
という気持ちで始めてみた。

あまり意味がないことは承知で
まずはニコチン摂取を下げてみようと試みて
5mgから1mgの銘柄に変更してみた。
一応iQOSも持ってるので、無くなるまでは併用していく

ちなみに5mgでも1mgでも煙草の葉は一緒で
フィルターの空気穴の量で
変わるだけ
キングサイズとロングで味が変わるように感じるが
フィルターの長さが違うだけで
葉の部分はほぼ変わらない。

既に吸いごたえがなく、
ニコチン足りてない感じが有るのだけど
徐々に本数を減らしつつ
これで1週間くらい様子を見ていこうかと

せっかくなら日付も決めてしまおうか

では

ちょうど月末なので
来月頭の
11月1日からは完全にニコレットのみ
に切り替えることにする。

駄目なら禁煙外来かなぁー。