ドラム

【同期】同期音源の作り方とライブでの運用方法【打ち込み】

最初にバンドで同期を導入しようと思った時

何から手をつけてよいのか分からなかったので

初めて同期を導入する方向けにやり方をお伝えします。

ドラマーが操作する
かつ
簡易的なセッティングにする

以上を前提として解説します!

まずは必要な機材はこちら

同期音源を作るためのもの

音源を作るためには

PCでDAWソフトを使って作るのが良いでしょう。
Windowsの方は何かしらソフトを用意する必要がありますが
(Cubase等が付属している機材を購入すればOK)

Macの方は付属のGarage Bandを使えば大丈夫

どうやって打ち込みするの?

DAWソフトだけで作ることも出来ますが、
ポチポチ入力していくのは非常にめんどくさいので

入力がかんたんに出来るように

MIDIキーボードも用意したほうが良いです。
キーボードからドラムの音までこれでイケますし、ベロシティ(強弱)も入力されます。
片手入力なら鍵盤数が少なくても良いですし
KORG ( コルグ ) / microKEY-25 MIDIキーボード 25鍵
両手弾きが出来るなら、鍵盤数が49〜61くらい有ったほうが便利

ピアノ弾ける人なら鍵盤数少ないと多分物足りない
KORG ( コルグ ) / microKEY2-61

キーボードでこんな感じで入力出来ます。

MIDIキーボードでデータを入力して

PCのDAWソフトのソフトシンセ(内蔵音源)を鳴らしていきます。

MIDIのデータは音の長さや強弱のデータ

そのデータを何の音で鳴らすかをソフトシンセで選択します。

手弾きで間違えても、

ピアノロールの演奏情報をマウスでイジってあげれば

音程や長さを調節出来ます。

例えばピアノで作っても、オルガンやオーケストラに後から変更が可能です。

打ち込みじゃない音はどうするの?

DAWソフトのソフトシンセ(内蔵音源)だけで事足りれば問題ないですが、
ギターを弾いて、録音しておきたい
コーラスを歌って、録音しておきたい
などレコーディングをするならPCと楽器やマイクを接続する
オーディオインターフェースが必要です。

SteinbergのUR22C

DAWソフトのCubase AIが付属します。

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C オーディオインターフェイス 32bit/192kHz

ZOOM R8 マルチトラックレコーダーなら

Cubase LEがついてくるのと

ZOOM / R8

オーディオインターフェースにもミキサー代わりにもなりますし、
R8はMTRなので、中に完成した音源を入れてあげれば
これ1台で再生する機材まで揃います。

 

オーディオインターフェースでPCに録音した楽器の音は

MIDIではなく、オーディオファイルになるので

エフェクターを掛ける事はできますが、

ピアノの音をオルガンに換えることは出来ません。

マイクはどうする

MIDIで打ち込むだけなら特に必要はないです。

生の音を録音するなら用意しましょう。

マイクは何も持っていなければ SHURE SM58 SM57で良いでしょう。

SM58
SHURE ( シュアー ) / SM58 定番ダイナミックマイク

SM57
SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク

 

既にダイナミックマイクを持っているのであれば
コンデンサーマイクを買ってみるのも面白いかもしれません。
リハやライブのときにも使えますし(詳しくは後述)

BEHRINGER ( ベリンガー ) / C-2 コンデンサーマイク ステレオペアマッチングBEHRINGER ( ベリンガー ) / C-2 コンデンサーマイク ステレオペアマッチング AKG ( アーカーゲー ) / P120 コンデンサーマイクAKG ( アーカーゲー ) / P120 コンデンサーマイク

ここまでで音源を作ることが出来るようになりました。

あとはドラマーが聞くクリックと外音に分ける

の2点が出来れば良いのです。

曲ができたら、再生しやすくしよう

作った音源を左右どちらかにPANを振り切ります。(以降右とします)

クリック音を左にPANを振り切ります。

この状態で音源をWAVやMP3に書き出しします。

書き出したファイルを再生出来れば良いので

iPodやiPhoneやAndroidのスマホや

タブレットなどに入れます。

PCのまま出力することも出来ますが、

ライブで使うのに転換の事を考えると

手軽に出来るような状態のほうが使いやすいと思います。

ZOOMのR8ならMTRなので中に音源を入れて再生できます。

作った音源を鳴らしながら演奏する

左にクリック、右に同期音源のデータが

作成できました。

データを入れた端末ををミキサーに接続します。
MACKIE ( マッキー ) / MIX5 アナログミキサー コンパクト

コンパクトなミキサーならこちらがおすすめ
MACKIE ( マッキー ) / MIX5 アナログミキサー コンパクト

接続は↓な感じで

接続するときはステレオミニ-フォンx2のケーブルで

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATL462A/1.5

audio technica ( オーディオテクニカ ) / ATL462A/1.5

UGREEN オーディオケーブル 3.5mm to 6.35mm 変換ステレオミニプラグ 2分配

白が左なので
白をCH1 に

赤をCH2 に入れます。

これでCH1がクリック CH2が音源になります。

そのままだと、クリックが外に漏れてしまうので

CH1のPANをLに振ります。

CH2の音源は聞きながら演奏したいのならそのまま

クリックだけが良いならRに振れば大丈夫です。

 

あとはMaster OUTのRからPAに接続すれば完成です。

クリックはPhone OUT から出力して

イヤホンで聞きます。

ただこの方法では片耳にクリック、片耳にシーケンスが聞こえる状態なので

両耳から聞きたい方はこちらを参照ください。

 

どんなイヤホンを使えばよいの?

クリックの音漏れを防ぐためにも

インイヤーの有線イヤホンを使うのを推奨します。

代表的なのは

SHURE ( シュアー ) / SE215-CL-A クリア

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/251553/

最近流行りのBluetoothはNGです。
Bluetoothは遅延があるので、
クリックを聞きながら演奏する同期には合いません。

このインイヤーのタイプは耳栓をしているようなものなので
外音が聞こえづらいです。
なので
ミキサーのチャンネルに余裕があれば
コンデンサーマイクを立てて

余りのChに入力してあげれば
リハなどでも外音が聞きやすくなります。

手元のミキサーのイコライザーで音質も調整できますし
音量も自在です。

マイク入力のCHもPANを振るのを忘れずに。

まとめ

良い音を求めれば物足りないと思いますが、
とりあえず同期を手軽にやるなら
・音を作るPC
・入力するキーボード

必要に応じ

マイク

オーディオインターフェース

で制作をして

現場には
・出力する端末(スマホなど)
・各種ケーブル
・ミキサー
必要に応じマイク

エフェクトボード
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPEC500LITE エフェクター用ケース
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CPEC500LITE エフェクター用ケース
などにしまっておけば、かんたんに持ち出し出来ます。

予算は手持ちの機材によって変わりますが
音源を作るPCなどを除くと
ミキサーとケースとケーブルで
1万少々から始めれるかと思います。

2020.2.16追記

ミキサーを買い替えました。
多少機材のコンパクトさを犠牲にしてでも、1つ上のランクのものを使ったほうが
演奏しやすいです。
差額は2000〜3000円くらいなので十分メリットがあります!